占い

ぼへみの命式フィードバックその1

こんにちは。ぼへみです。

先日、Twitterのフォロワーくるみさんより、私ぼへみの四柱推命鑑定をしていただきました!

https://suimei-note.com/archives/3344

https://suimei-note.com/archives/3391

https://suimei-note.com/archives/3402

3記事に渡る、鑑定をありがとうございました!

今回具体的にこの部分が当たっている、というフィードバックを書いていこうと思います。

くるみさんは、構成に分けて完成してくれました。

1.ぼへみの五行バランス
2.ぼへみの内面性(日干支)
3.先天的に備わっている才能【傷官】
4.社会的使命【食神+絶】
5.開運のポイント

今回は、くるみさんの記事part1「1.ぼへみの五行バランス」「2.ぼへみの内面性(日干支)」についてフィードバックしていこうと思います。

財星 / 印星陥没タイプの特長のフィードバック

・真面目で実直な人
これは謙遜を抜きに、真面目な方だと思います。もし不真面目になるときがあるとしたらそれは自暴自棄に陥るときだけです。

・卑怯なことが大嫌いで、つねに体当たり主義
卑怯なことを見かけると、かなり腹が立ちます。20代ごろ、そういう輩に対して我慢できないことがあり、玉砕するという、無鉄砲というか、こういうところでメンタルが不安定だったと思います。

・確固たる自分のポリシーやこだわりがあり、誰に対しても思ったことをストレートに言ってしまう傾向あり
ポリシー、こだわりあります。意に反する話題が出たりしたら、最近は「あー」って返事したりして、適当に相槌を打つような感じでやり過ごすことを覚えたのですが、20代頃は上述した通り未熟だったため、溜めて溜めて爆発させるという、かなりの危険人物だったなと思います(笑)

甲(きのえ)のフィードバック

・直情的で一本気、妥協を許さない
完璧主義なので、ハンドメイドやプログラミングとか、いかに美しくシンプルにするかという部分でかなり根を詰めるほうです。それがかなわなければ、丸ごと投げ出します(笑)

・常に向上心に溢れていて、人生の高みをめざしていく人
自己成長の欲求は若いころからあったと思います。今でこそ「自己成長」と言っていますが、若いころは、もっとすごくなりたいと、漠然と願っている自分がいたと思います。なので、テレビのバラエティ番組だと、ホンマでっかTVとか、林修さんの番組とか好きでしたが、最近はテレビの編集の仕方に疑問を覚え、もっぱら樺沢紫苑先生のYouTubeチャンネルにはまっています!

・プライドが高く、頭を抑えつけられると意固地になる
人間失格のような、道化を演じて他者を見下すという、暗黒なぼへみがいることを告白します。命令されたら、納得がいかない場合、なぜですか?どうしてですか?攻撃をして相手を諦めさせます(笑)

甲戌(きのえいぬ)のフィードバック

・活動力と忍耐力があり、義理と人情を重んじるタイプ
義理と人情ある方だと思いますが、他人からはそう思われてないかもって思っています。あと、悪い言い方をすると「他人軸」で生きていて、自分がやりたいことがわからなくなり、やる気も枯渇するというセルフイメージがあります。

・人に対しては誠実で思いやりを持って行動するも、やや引っ込み思案な面も
割と世のため人のために動く方だと思うのですが、例えば、水溜りに溺れていた蜂を助けてあげたらその蜂に刺されてものすごく悔しい思いをする、ということがしばしばあり、そこで「偽善」ということと向き合うこともありました。
あとは、ちょっと気の利いたことをしたときに、相手から必要以上に称賛されることがあり、逆に嫌味なの?って勘ぐることもあります。。

・物事への理解力に優れ、表裏両面に通じている
物事には表裏一体の原理があるので、そういう点では理解力がある方だと思いますが、その分、ある事象に対してどのように主張したらいいんだろうと混乱することがあります。

・基本的に合理主義者、贅沢や無駄を嫌う。反面、頼まれごとを断りきれないお人好しな面も
0か1か、白か黒か、という考えが基本にあって、無駄がキライかもしれません。あと、贅沢については、キライというより、その贅沢を自分はきちんと受け取れきれなくて悩んでいます。頼まれごとを断り切れないかについては、若いころはしばしばありましたが、中年になった今は、うまく断る術を身に付けたと思っています。

・世話好きで、よく気がつく
世話好き…。実は身近な人よりも、遠い関係の人に対して良く気が付くことが多いかもしれません。家族に対しては、あまり世話をしてあげられていないような。。。

日主【甲】があるため、理想が高く、現実とのギャップを埋められないことで自分を責め、追い詰めてしまいがちな性質をもともとお持ちです。

azuさんの内面的な特長を示す日干支【甲戌(きのえいぬ)】は裏表のない性格と、つねに有言実行が第一の性質があります。

自分がボロボロになってでも社会や組織のために生きていこうとする姿が、周囲から絶対的な信頼を得ることにつながる星でもあります。

言うは易し行うは難しですが、「柔軟な処世術」「困難に直面しても臨機応変に対応するしなやかさを習得すること」

このことをより強く意識することで運を開いていける方です。

四柱推命*自習ノート

自分を責める方ですね。。なので気力もやる気もなくなることが多かったです。
言ったことはやる方だと思います。やらなかったら、それはそれで自分を責めてしまうので。。
「柔軟な処世術」「困難に直面しても臨機応変に対応するしなやかさを習得すること」
歳を重なるごとに↑のポイントは成熟しつつあると自負していて、それに比例して人との関わりが楽しくなってきた実感があります!

五行とお金にまつわるフィードバック

強い「比劫(自分自身を意味)」が、弱い「財(目的となる対象物:お金、夢や目標)」を剋する関係です。

比劫が財に比べてはるかに強すぎるため「自らの手で、財を握りつぶしてしまう」と読みます。

これを〝比劫争財(ひごうそうざい)〟といいます。

四柱推命*自習ノート

自分なりに要約してみると、こういうことでしょうか。

自分自身が、お金や夢・目標をだめにする。

これ、何となくですが、心当たりがあるのですが、石橋を叩きすぎて橋が壊れるというセルフイメージが自分にあるんですよね。過去を振り返ると、ほんとどうでもいいことに心を痛めて慎重になりすぎて、結局疲弊して台無しにするみたいなことが多かった気がします。

しかし、2018年立春〜2019年節分まで年干支【戊戌(つちのえいぬ)】という「土」の五行がダブルで、魁罡(かいごう)という特別パワフルな干支が巡ったことで、azuさんの五行バランスの「財(土の五行)」が強くなりました。

四柱推命*自習ノート

去年、何かあったか、ということを思い出したところ、

・おっさんレンタルを利用して、お金の相談を聞いてもらった。
・高利のキャッシング残高を信金に一本化した。
・副業を推進していて、書籍を出版された、小林昌裕さんにビジネスの相談をした。
・今まで購入した情報商材を勉強しなおして、インターネットビジネスと向き合うことを決めた。

これくらいしか思い出せず、すごくパワフルな1年だったかといえば、そんな気がするような、そうでもないような、というのが正直な感想です。

あと思い出したのですが、小林さんとお会いしたときに、心が揺さぶられた思いがしたのと、こういう人と関わることで、私は成功できるのではないかとも思いましたが、状況的にも難しいのかなと思いました。

また、ビジネスが成功し負債が0になった暁には、また連絡してくれればお祝いしますなんて声をかけていただいたのですが、もしそれが冗談だったとしても、成功したときにはご連絡して会いにいこうとも決意しました。

大運(10年周期で巡る社会運)に「官」が巡る時期は、自分の果たすべき役割に生きる時期。

やるべきことが山のように増えながらも、使命感を持って邁進しているイメージです。

そんな10年間の中にいる azuさんの中で、2018年はめざしたい方向や具体的な目標が定まった。

そんな一年だったように五行バランスから推察できます。

四柱推命*自習ノート

2010年~2020年を指しているとしたら、当たっているのかなと思います。

2010年がすごく運がいいと聞いていたので、その年に子供が生まれるようにし、その年のおみくじは、なんかすごい大吉のおみくじを引いたのを覚えています。2010年は子育てに忙しくて、いい年だったかどうかあまり印象は薄いのですが、この年に子供が授かることができて良かったと確信しています。その数年後にも第二子を授かりましたが、これも運気がいい年月を計算しました。

私が一番重要だと思っていることは、2014年ごろに「引き寄せの法則」を知ったことです。このころから、考え方も人間関係もかなり変わりました。そして、引き寄せの法則を知ったことで、長きに渡る「占い相談依存症」を克服しました。

あと、くるみさんと私の共通項である樺沢紫苑先生についてなのですが、去年(2018年)末か今年(2019年)にかけてあたりに、私のYouTubeの一覧に、理由はよくわからないのですが、度々樺チャンネルが表示されるようになったんです。それから樺沢先生の動画を視聴するようになり、書籍を買ったりオンラインサロンへ入会も決意しました。

以上のことを考えると、この10年というのは四柱推命の通りと言えるのではないかとも思っています。

今年2019年も、年干支【己亥(つちのとい)】という「土」と「水」の五行が巡り、昨年ほどではないものの「土(財)」の五行は強さをキープしています。

くわえて、大運の【癸】、年運支【亥】はともに「水」の五行です。

azuさんの五行バランスに不足している「印(水)」も強くなっています。

azuさんの中で「知的好奇心、学びへの欲求」が強くなり、これが日干(比劫=azuさん自身)を強くする流れが生じています。

わたしの日主は【癸(みずのと)】で、azuさんの五行バランスの「比劫(azuさん自身)」を強める関係です。

わたしは azuさん を応援する関係です。

四柱推命*自習ノート

今まで購入した情報商材を1から勉強し直して、それについてSNSで発信していこうと思い、今年の2月の終わりに「ぼへみ」というインターネットビジネスに特化したアカウントを作成し、その同時期にTwitterでくるみさんとの素敵な出会いを果たしました。樺沢塾に入会したことについてツイートしたことで、くるみさんがそれにリプライしてくださったのがきっかけです。

樺沢塾に入会後、私はある方より、とあるビジネスを紹介してもらい、この仕組みに衝撃を受け、堅牢な収入を得る目的はもちろん、人間力も培われると確信し、参画を決意しました。

このビジネスのコミュニティは、確かに皆さん勉強熱心なのと、いかに人生の質を向上させるかを真剣に向き合う方が多いです。正直、その雰囲気に圧倒され、気負いしてしまいそうになることもあるのですが、ここは割り切って、もう一つの空間である「樺沢塾」にも参加することで、複数のコミュニティに関わることで、精神的なバランスをとる事とを意識しています。

くるみさんが私の方向性を応援してくださっているおかげで、私は不安に陥ることなく前に突き進んでいます。

もともとazuさんの五行バランスは「比劫」が強く「財」が弱くアンバランスなため、とくに「目標や理想を明確にすること」がとても大切になります。

四柱推命*自習ノート

目標や理想を明確に、とのことですが、新しいビジネスを始めたり、たくさんのインプットをしている中で、「明確に」することが、実は、なかなか難しく感じています。月収いくらを目標にするとか、どういう生活が理想なのか、とか、決めなければいけないのですが、漠然としてしまいます。

とりあえず、今年中に個人的な月収40万円と、お友達をお招きできるような自宅にしたいなと思います。

この記事の最後に

今回はくるみさんの鑑定レポート3記事分の中の最初1記事目についてのフィードバックを行いました。とりとめのない内容になってしまいましたが、くるみさんのお役にたてれば幸いです。また、こうして自分自身で鑑定結果をフィードバックしたことで、しっかりと腹落ちさせることができたように思います。

part2のフィードバックを投稿しましたのでご覧ください!

ぼへみの命式フィードバックその2前回に引き続き、くるみさんの鑑定についてのフィードバックをしていきたいと思います。 前回の記事は↓をご覧ください。 https://b...
ABOUT ME
bohemi
ぼへみ@あづ と申します 常識と非常識を併せ持つずぼら既女☪︎*。꙳ 大胆な引っ込み思案でいい気分になることだけしかしません Twitter(@bohemi_azusa)でよくつぶやいています 電子書籍も発売中です