自己研鑚

ぼへみのメタ認知力

ぼへみ@あづ です。

本日はメタ認知について少し考えてみたくなりました

メタ認知って、確か自分を俯瞰して観るようなそんな意味だと認識していました

で、自分はメタ認知力、けっこうある方だぞなんて自負もありました

根拠は、傷ついてもその時に原因を追究することで次の日には回復できるからです

昔の私からすれば、考えられないくらいの能力です(笑)ですが身についてしまいました(笑笑)

で、私はこう思いました

私が解釈しているメタ認知は、もしかしたら全然意味が違うのかもしれない

そんな風に頭をよぎったので、今日はメタ認知についてマコなり社長の動画でおさらいすることにしました

メタ認知とは?

メタ認知とはずばり自分の思考を客観視して制御する力です

自分を客観視することで、選択肢が増えます

例えば、相手にイライラしている時に生まれる選択肢は以下の通りです

  1. そのまま感情的に伝える(×)
  2. 感情的になるのをやめる(○)

この感情的になるのをやめることで、器の大きい人、仕事ができる人と思われるようになります

メタ認知力が高いとどうなの?

メタ認知力が高いと上記で述べたように、

選択肢が増え感情的になるのをやめることができ、器の大きい人仕事ができる人と思われるようになります

仕事ができる人とはこのような人です

提案力が高まる

相手の立場や、全体の状況を踏まえた言動ができるようになります

集中力が高まる

気が散って別のことをしてしまうのは、メタ認知ができていないからです

メタ認知ができる人は、自分の集中が逸れていることにすぐに気が付き戻すことができます

感情のコントロールが上手くなる

ビジネスの対人関係において、感情的になってはいけません

メタ認知することができれば、イライラ・悲しみの感情はやがて消えると言われています

メタ認知の鍛え方は?

自分の思考を紙に書き出す

テーマはなんでもよくて「その日起きたこと」「人間関係の悩み」「将来の目標」などを紙に書きます

例えば 人間関係 で言えば

  • なぜ悩んでいるのか
  • 相手はどう考えているのか
  • どうやったら解決するのか

など、自分の気持ちだけではなく、多面的に捉えていくことで客観視できます

この「多面的に捉える」という部分、巷で有名な目線切り替えマップの話にも通じるものを感じました

目線切り替えマップを詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてみてください

https://yutacoaching.net/?p=565

もっと詳しく知りたい場合は0秒思考という本がオススメだそうです。ぼへみんも読んでみます

瞑想

瞑想はメタ認知力向上トレーニングです

マインドフルネス瞑想も有名です

マインドフルネスとは 『今、この瞬間』を大切にする生き方 を指します

簡単なやり方として、

椅子に座って背筋を伸ばしてゆっくり腹式呼吸、その呼吸に全神経を集中 させます

目は開いてても閉じててもいいです

もし集中が逸れてしまったら、再び呼吸に集中を戻します

瞑想についてもっと詳しく知りたい場合は下記の本がオススメだそうです。ぼへみんも読んでみます

ぼへみんのメタ認知力は?

ここまで、マコなり社長の動画の内容をまとめてきました

そして自分のメタ認知力はどうなのか、だいたいわかりましたので発表します

感情のコントロールについては10点中8点はクリアしていると感じました。先にも述べた通り、傷ついたら自分の中で解決して、次の日か、その日に昼寝したらだいたい回復しています。5分以内に回復できたら10点満点です(笑)

提案力については10点中6点かな、と思いました。自分が冷静な時は、客観的な提案ができる方だと思いましたが、つい自分のテンションが高くなってしまった時等、自分本位になりやすい傾向があるため、そこがマイナス4点に思いました

集中力については10点中5点です。以前ほど集中力は向上しつつありますが、やはり散漫になることが多く、この記事を作成している間もたくさん寄り道をしてしまいました。。

まとめ

というわけで、メタ認知についておさらいと、私のメタ認知力について向き合ってみました

紙に書き出したり、瞑想をしたりすることで、メタ認知力が向上することがわかりました

自分の考えは、常にTwitterを使用してアウトプットをしていました

ですが紙へのアウトプットももう少し取り入れてみようと感じました

また、瞑想についても、まずはここで紹介した呼吸法を毎日おこなっていきたいと思います

ABOUT ME
bohemi
ぼへみ@あづ と申します 常識と非常識を併せ持つずぼら既女☪︎*。꙳ 大胆な引っ込み思案でいい気分になることだけしかしません Twitter(@bohemi_azusa)でよくつぶやいています 電子書籍も発売中です