雑記

双極性障害は全体軸でなんとかなる

昨日からハイテンションモード(悪く言えば躁状態)のぼへみんです。

そろそろローテンション(鬱)期に入りそうなので、その前に徒然に。

躁状態、ネガティブなイメージが先行しがちだけども、別の視点から見た場合には違った景色がある。

人の感情は波みたいに上がったり下がったりする。

躁状態の時、自分軸を貫くとマイナスに作用するけど、自分軸ではなく「全体軸」で考えることが出来れば、+の作用のまま落ち着く。

全体軸ってなぁに?って話なんだけど、

他人軸、自分軸の説明は割愛させてもらって、このどちらでもない全体軸なんだけど、自分も含めてみんな(全体)が、共通で持っている「幸せ」を、自分の頭で考えて、それに沿って行動をしていくことを全体軸という。

全体軸で行動すれば、自分の幸せだけでなく、みんなの幸せも叶えられる。

だから、自分の力だけでなく、みんなの力を借りて、大きな幸せが実現できる。

という考え方が全体軸。

だから、躁状態のときには、この「全体軸」の考えを思い出すことがポイントになる。

躁状態でかつ独りよがりでいたら、鬱のしっぺ返しがやってくる。

だけど、躁状態で自分の幸せとみんなの幸せを意識していれば、ひどい鬱状態は回避できる。

そんな話を、思い出すことができました。

ぼへみんより

ABOUT ME
bohemi
ぼへみ@あづ と申します 常識と非常識を併せ持つずぼら既女☪︎*。꙳ 大胆な引っ込み思案でいい気分になることだけしかしません Twitter(@bohemi_azusa)でよくつぶやいています 電子書籍も発売中です